沖縄ローカル情報

沖縄5大スーパーマーケットまとめ

沖縄のローカルスーパーは様々な特徴があります。
観光で来る方も、沖縄のローカルフードを求めて、スーパーに来る方が多いです。
沖縄にはどのようなローカルスーパーがあるのか、見ていきましょう!

サンエー


沖縄のローカルスーパーの中でも、一番有名なスーパーです。
大型のショッピングセンターから小型の食品館、コンビニの「ローソン」の運営を行っています。東証一部上場企業として、沖縄県内の就職先としても大人気です。
また、サンエーの一部店舗には「成城石井コーナー」も用意されており、成城石井のこだわりの商品も購入することができます。
大型ショッピングモールも積極的に出店しており、2019年6月27日には浦添市の西海岸道路沿いに『サンエー浦添西海岸 PARCO CITY』をパルコと合弁会社を設立しオープンしています。

会社名:株式会社サンエー
会社設立:1970年5月28日
本社所在地:〒901-2733 沖縄県宜野湾市大山7-2-10
小売店舗:70店舗
※2020年5月現在

サンエーの価格

お肉・魚・野菜等の食品は、他のスーパーに比べて品質が高く価格もそれなりで、
そこまで安いスーパーではありません。
その分、品質が良く品揃えがいいスーパーという印象です。
「くらしモア」に加盟しており、「くらしモア」の商品は比較的安いです。

サンエーの支払方法・ポイントカード

サンエーでは、現金・クレジットカードでの支払いが可能です。
電子マネーとしてはEdyに対応しています。
また、ポイントカードとしてサンエーカード(Edy機能付きかVISAカード)を用意しており、現金でも200円につき1ポイントのサンエーポイントが貯まりますので非常にお得です。

支払方法

・現金
・Edy
・クレジットカード

サンエーのトイレ等の設備

サンエーの大きめのショッピングセンターでは、ほとんどがバリアフリー化されており、おむつ交換台やオストメイト対応トイレを用意しています。
そのため、赤ちゃんや子供連れでも、安心して買い物が楽しめます。

かねひで


「タウンプラザかねひで」は、1983年創業の老舗スーパーです。
タウンプラザかねひでを運営している金秀商事株式会社は、金秀グループのグループ会社として沖縄県内の大手企業として就職先等でも有名です。
タウンプラザかねひで以外にもジップマート、ツルハドラッグ等を運営しています。
「ちゅらぶた」「ちゅらとり」といった独自ブランドの展開や、農家直送の沖縄野菜など、沖縄感満載のスーパーで地元には大変人気です。
店舗数はジップマートやツルハドラッグを含めると61店舗展開しており、沖縄のスーパーとしては店舗数一位となっています。
また、2019年7月11日に初出店したコンビニ「セブンイレブン」のFC運営を始めたことでも有名です。

会社名:金秀商事株式会社
会社設立:1982年7月
本社所在地:〒903-0206 沖縄県西原町字小那覇494番地1
小売店舗:タウンプラザかねひで56店舗、ジップマート3店舗、ツルハドラッグ2店舗
※2020年5月現在

かねひでの価格

サンエーより安く、店舗数も多いため、日常のお買い物では非常に助かります。
CGCグループに加盟しており、CGCマークの商品はとても安いです。
さらに金秀商事オリジナル商品はものすごく格安でびっくりします。

かねひでの支払方法・ポイントカード

かねひではオリジナルのポイントカードはありません。
「Tポイント」に対応していますので、Tカードをお持ちの方は、Tポイントが貯まります。Tポイントは様々な店舗で導入されていますので、非常にありがたいですね。
支払方法は、クレジットカード以外にも電子マネー(T-MONEY、Edy、iD、au-wallet)、QRコード決済のPayPayにも対応しています。

支払方法

・現金
・クレジットカード
・電子マネー(T-MONEY、Edy、iD、au-wallet)
・QRコード決済(PayPay)

かねひでのトイレ等の設備

正直言って、古い店舗が多いため、バリアフリーや子供用のおむつ交換台等の整備は追いついていない店舗が多い印象です。
古い店舗は、トイレが外にあることが多いです。
比較的大きめの店舗や新しめの店舗は、バリアフリーやおむつ交換台等が整備されてきていますので、これからが期待です。

ユニオン


フレッシュプラザユニオンは「今あいてます」「ユニオンですから♪」というフレーズのCMが有名で、年中無休24時間営業が特徴の地域密着型スーパーです。
コンビニもびっくりなスーパーとして、夜型の人が多い沖縄ではファンが多く非常に便利なスーパーとなっています。
「県産豚肉解体ショー」、「県産マグロ解体ショー」の開催をするなど、画期的でユニークな取り組みも積極的に行っています。

会社名:株式会社野嵩商会
会社設立:1983年5月
本社所在地:〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1丁目12番13号
小売店舗:19店舗
※2020年5月現在

ユニオンの価格

価格は非常に安く、沖縄県内でも随一の安さとなっています。
惣菜や生鮮食品は、沖縄のスーパーの中では断トツの安さを誇っています。
特にお惣菜は、ジューシーおにぎりやばら売りの沖縄天ぷら、激安でボリュームたっぷりなお弁当など、かなりバリエーションが豊富で沖縄の学生さんには非常に人気があります。
おすすめはBBQセットで、満腹コース(牛肉肩ロース(冷凍)200g、チキンウインナー/2本、秘伝炭火焼鳥/3本)で597円(税別)とかなりお安くなっています。
無料ビールサーバーやガスコンロ等もまとめてレンタルできますので、ビーチや自宅の庭でBBQをする場合等には非常に助かります。

ユニオンの支払方法・ポイントカード

ユニオンでは、現金かオリジナルのユニカードによる電子マネーでの支払いのどちらかとなります。
オリジナルのユニカードはチャージでチャージボーナス、支払いで200円で1ポイント貯まり、1ポイント1円として利用が可能となっています。
ユニオンでしか利用できないため、ユニオンが近くにある方で、頻繁に利用する方はお勧めです。

支払方法

・現金
・電子マネー(ユニカード)

ユニオンのトイレ等の設備

かねひで同様、外にトイレがある店舗が多く、あまりきれいな印象ではありませんでした。新しい店舗はそうではありませんので、これからに期待です。

リウボウ


リウボウは沖縄で唯一のデパート「リウボウ」のスーパーマーケット部門です。
株式会社リウボウストアが運営しています。
栄町リウボウや天久リウボウなどは24時間営業しており、ユニオン同様、いつでも買い物ができるようになっています。
また、沖縄ファミリーマートもリウボウグループで運営されていて、地元密着型の企業として、根強い人気を誇っています。
2019年8月8日には、泉崎にあったリウボウストアが閉店し、沖縄県内初のスーパーマーケット一体型店舗「ファミリーマートプラスりうぼう泉崎店」をオープンしています。
通常のファミリーマートの商品に加え青果・精肉・鮮魚といったスーパーマーケットの機能を兼ね備え、コンビニとスーパーの中間規模の新業態として期待されています。

会社名:株式会社リウボウストア
会社設立:1983年9月
本社所在地:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目9−49
小売店舗:13店舗
※2020年5月現在

リウボウの価格

デパートリウボウを運営している印象からなのか、高品質な商品を取り揃えていて、高級志向の印象です。
かねひで同様、CGCグループに加盟しているため、CGCブランドの商品は安いです。

リウボウの支払方法・ポイントカード

支払方法は、現金・クレジットカード・Edyが対応しています。
ポイントカードはオリジナルのリウボウカードかTポイントカードです。
リウボウカードは1,000円につき1ポイントとなるため、少額な利用にはお勧めできません。共通ポイントカードであるTポイントがお勧めです。

支払方法

・現金
・クレジットカード
・Edy

リウボウのトイレ等の設備

古い店舗はバリアフリー化がされておらず、おむつ交換台などもありません。
新店舗は整備されてきていますので、改装が進んでいけば利用しやすくなっていくと思います。

丸大


2018年で創業70周年を迎えた、沖縄老舗スーパーです。
南部を中心に10店舗展開しており、24時間営業している店舗も多くあります。
県内でもかなりローカル感の強い店舗となっています。

会社名:株式会社丸大
会社設立:1948年3月
本社所在地:〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町字宮平251
小売店舗:10店舗
※2020年5月現在

丸大の価格

価格は沖縄のスーパーの中では平均的で、かねひでと同じ印象です。
かねひでやリウボウと同じく、CGCグループのため、CGCブランドの低価格の商品を手に入れることができます。

丸大の支払方法・ポイントカード

丸大の支払方法は現金・クレジットカード・Edyとなっています。
また、オリジナル電子マネーとして、コジカカード(CoGCa)というものが使えます。
チャージ1万円で100ポイント、200円ごとに1ポイント付与され、500ポイント=500円分のお買物券が発行され使用できます。

支払方法

・現金
・クレジットカード
・Edy
・電子マネー(CoGCaカード)

丸大のトイレ等の設備

ほとんどの店舗が古い店舗のため、トイレのバリアフリー化やおむつ交換台等の対応はほぼされていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
沖縄のスーパーは沖縄独自の食文化が色濃く反映しており、観光客などは行ってみるだけでも楽しめると思います。
ぜひ、いろいろなスーパーに立ち寄って比較してみてはいかがでしょうか。